クラウドって本当は何なの


世間ではどこもかしこもクラウド・クラウドって言ってますよね・・でも本当の意味をわかってる人はどれだけいるのでしょうかクラウドコンピューティングとはインターネットをベースとしたコンピューティングの利用形態・・・・・・わかりますかつまりインターネット上にあるコンピュータを、あたかも自分のコンピュータのように利用する。利用するのは使いたい分だけでOK。その分の料金を支払うという仕組みです。なんて便利な仕組みなんだろう。みんなクラウドでいいじゃない。って思いますよねそうなんです。だからみんながクラウドって騒ぐんですね。でも、クライドにもいろいろ問題があります。

1つはセキュリティ面。みんなで同じコンピュータを利用するのですから、本当に大丈夫かなって思いますよね。仕組み上他の利用者のデータが漏れることはないのですが、会社は個人のポリシーに合わないことも多いのが現状です。また、ハッカーなどの攻撃にあうと、様々な利用者に被害を及ぼすことになります。サービス提供会社によっては、その点を保証していないこともあるので利用の際は注意が必要です。

2つめはカスタマイズ性が低いこと。同じコンピュータを複数の利用者が利用するのですから、つまりは同じ仕組みのサービスを複数で利用するということ。サービス提供側は、個々にサービス内容を変えていてはコスト的折り合わないので、利用におけるサービス内容は変えないことがほとんど。自分の使いたいことが100パーセントできることが少ないので、ここは譲歩して利用していくことになるでしょうね。

以上の点からも問題点はいくつかあるものの、コスト面などから考えても、クラウドを利用するメリットはかなり大きいです。

問題点をクリアしながら、クラウドを利用することで、より効果的なコンピュータ利用ができることになるでしょう。